【大学受験のための英語勉強法】おすすめの参考書もレベルごとに解説

定員厳格化に伴い、都内の大学を中心に偏差値が上がって難化傾向を示すなど、大学受験はより厳しさを増しています。その中で英語はどの大学でも入試の必須科目となっており、合否を左右する重要科目でもあります。

今回は偏差値別に分けて、それぞれのレベルでためになるおすすめの英語勉強法や英語教材をご紹介します。

大学受験のための英語勉強法をレベルごとに解説

英語の偏差値が40以下の人の勉強法

英語の偏差値が40以下の人は、基礎固めから始めなければなりません。英単語、英文法、英文解釈の3つだけを行っていき、ベースを作ってからその上を目指していくことになります。

英単語の勉強法

偏差値40以下の場合、意味まで知っている英単語の数は相当少ないことが考えられます。中学で学ぶ英単語をどれだけ覚えているかも微妙なので、中学レベルから英単語を覚え直しましょう。

英単語のおすすめ参考書

「中学英単語をひとつひとつわかりやすく。」は、1つ1つの単語の意味をとても詳しく丁寧に紹介した参考書になっています。単語をほとんど理解できない人でも理解できるようになっており、イラストを使ってイメージで英単語を覚えるような仕組みになっており、苦手意識を刺激しない、やさしい作りです。

英文法の勉強法

英単語と同様、偏差値40以下の場合、中学で学ぶ基本文型からやり直す必要があります。中学の英文法が分からなければ高校の英文法を理解するのは難しいです。基礎固めのためにも英文法も中学レベルから積み重ねていくことをおすすめします。

英文法のおすすめ参考書

「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」は、中学生はもちろん、改めて英語を学び直したい高校生や社会人に向けた参考書です。英語の基礎中の基礎から学ぶことができ、英語が全くできない中学生でも理解できる内容になっており、偏差値40以下で基礎固めをしておきたい高校生にはまさにうってつけです。

解釈の勉強法

英文解釈は英単語と英文法の2つの力で解いていくため、偏差値40以下では英単語も英文法もかなり不十分なクオリティになりがちです。そのため、英文解釈の勉強は英単語と英文法をしてからでも遅くはありませんが、中学レベルの英単語と英文法の力さえあれば解ける英文解釈の参考書があるため、次に紹介する参考書をまずは1冊解きまくってみましょう。

解釈のおすすめ参考書

「英文読解入門基本はここだ!」は、長文が全然読めない人向けに作られ、長文が読めるところまでレベルアップさせるための参考書です。英文を読むために必要な考え方がわかるほか、1冊がとても薄いため、何周でも行って英文解釈の基礎を固めることができます。

英語の偏差値が40~50の人の勉強法

偏差値が40~50の人は、偏差値40以下の人と比べるとやや英単語や英文法のレベルが高いので、英文解釈だけではなくて英語長文もやるといいでしょう。偏差値40台だと、まだ中学レベルの英語を改めて学び直すのが確実です。基礎を固めることに力を入れていきましょう。

英単語の勉強法

偏差値40を超えて、50ぐらいになってくると高校生が用いる英単語帳を使い始めても、理解できて使いこなせるようになります。この段階では、1つの単語で1つの意味を知ることを徹底することを心がけましょう。とにかく1つでも多く覚えていき、単語を追いかけるだけで長文の意味が分かるようになればかなりの進歩です。

英単語のおすすめ参考書

「システム英単語ベーシック」は、中学校で学ぶ英単語と高校で学ぶ基礎英単語が一緒に収録された英単語帳です。高校で学ぶ基礎英単語はシステム英単語やターゲット1900に乗っておらず、システム英単語ベーシックで基礎英単語をマスターしてからターゲット1900などに移行します。

英文法の勉強法

本格的な文法に関する参考書で学んでいくとかなりの時間を要するため、偏差値50以下の状況では、テキストが薄く何周も学習することを想定した参考書を購入し、ひたすら解いていくのが一番の勉強法です。偏差値が50以上になってから本格的な文法の参考書を購入し、より理解度を深める勉強に切り替えましょう。

英文法のおすすめ参考書

「大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】」は、品詞や動詞、基本文型など中学の範囲から比較や仮定法までを網羅した参考書です。例文には文型がカラフルに書かれているのでわかりやすく、中学英語レベルでとどまっている人にもわかりやすく丁寧な解説がなされており、分からない状態で放置せずに済みます。

解釈の勉強法

英文解釈は、単語力と文法力、そして構文の知識が試されます。偏差値40以下では構文まで手が回らず、単語と文法の知識を蓄えるのが精一杯かもしれませんが、偏差値50手前になってきた場合、その上を目指すためにも構文を1つでも多く覚えましょう。知っている構文があればそれを和訳や英作文に活用できるからです。文法書の中に構文が紹介されていることがあるため、そちらで確認しましょう。

解釈のおすすめ参考書

「入門英文解釈の技術70」は英語が苦手な人や中学レベルの単語や文法を覚えている状態の人に向けた英文解釈の入門書的な参考書です。長文読解を読み解くのに必要な構文が数多く収録されており、文章の読み方などが詳しく書かれているので、長文対策をする前の足がかりとしても利用できます。

英語長文の勉強法

英語長文は文法と単語それぞれの力が問われ、内容が理解できない場合はそのどちらかに改善の余地があります。長文を勉強する際には長文全てを読み、理解できなかった単語や文法を見つけ出していくほか、自分で和訳を行い、後で答えと照らし合わせて精査します。その後に解き直しを行って、長文を読み解くスキルと必要な単語、文法を蓄えます。

英語長文のおすすめ参考書

「英語長文レベル別問題集レベル1 超基礎編」は、偏差値45前後の人をターゲットにした、中学英語レベルの知識があれば対応できる参考書です。自分に合ったレベルで長文読解に臨めるので、難し過ぎて手が出せないと頭を抱えずに済みます。解説も詳しく掲載されており、時間をかけて読み込み、内容を精査するのに適した中身になっています。

英語の偏差値が50~60の人の勉強法

偏差値が50を超え、60に迫る状況になってきた人は、単語や英文解釈に関してすでに一定のレベルに達しており、英単語や英文法ばかり暗記するような状況から卒業です。英単語と英語長文をやりながら、共通テストにも登場するリスニングの勉強をし始めて、より高みを目指せれば最高です。

英単語の勉強法

偏差値が50を超える人は基礎英単語はすでに習得している可能性が高く、それをベースにさらなる英単語の習得を目指しましょう。難関私大向けの英単語帳を購入し、スキマ時間や寝る前に覚えて、翌朝やスキマ時間に確認することを繰り返していき、これまでより英単語にかける勉強時間を減らし、スキマ時間などを活用したスタイルに切り替え、別の分野を強化する形がおすすめです。

英単語のおすすめ参考書

「英単語ターゲット1900」は、国公立大学の2次試験や難関私大レベルで登場する英単語を網羅した英単語帳です。1つの単語に1つの例文がついてくるスタイルになっている他、英熟語や派生語も書かれており、英単語ターゲット1900が1冊あれば、入試に出てくる単語のほとんどの意味を知ることができます。

英語長文のの勉強法

偏差値が50を超えるとそれなりに単語や文法を知っているものの、まだ完璧ではない状態のため、英語長文を解くたびに成績にムラが生じやすい段階とも言えます。

そのため、1回英語長文を解いた際、わからなかった単語や英文法、構文を、解説を読みながらチェックし、1日の終わりに覚え直した上で時間を置いて再びチャレンジし、できなかった単語などをまた覚える作業をこなしていくことで、長文読解の理解力が上がり、単語や文法の力もつきます。

英語長文のおすすめ参考書

「イチから鍛える英語長文」は、大学入試で出やすい問題形式をふんだんに盛り込んでおり、どんな問題形式が自分は苦手なのかがわかる参考書です。応用できる知識を中心に解説に盛り込んでいるため、何度も同じ問題を解いて解説を読んでいくと、解説に書かれている知識を取り込めるようになります。

また、リスニングCDがついており、シャドーイングやディクテーションを行ってリスニング対策も行えます。

リスニングの勉強法

リスニングが苦手な人は、英語を聞きなれていないことがほとんどです。そして、単語と発音がリンクしていなかったり、聞き取れる単語がわずかなために意味を取り違えたりします。

最初は英語の音声を聞きつつ、同じように自分も読み上げていくオーバーラッピングを行いましょう。聞き取れるようになってくれば、音声を流してそれを真似て発音するシャドーイング、聞き取った内容を正確に書き取るディクテーションを行います。いきなりシャドーイングやディクテーションをやっても難しいので、オーバーラッピングから始めつつ、単語を覚える際に発音まで注意して口に出していくこともおすすめです。

リスニングのおすすめ参考書

「大学入学共通テスト 英語のリスニング問題が1冊でしっかり解ける本」は、大学入学共通テストに対応したリスニング教材です。リスニングは共通テストでしか使わないという人におすすめです。単語、短文、長文のレベルに合わせたトレーニングを行い、シャドーイングでリスニング力を高めます。動画特典には「共通テストでの高得点の取り方」などが紹介されているので、実用性の高い1冊です。

英語の偏差値が60以上の人の勉強法

偏差値が60以上になると、単語や文法、構文は一定の水準をクリアし、どれだけ完璧にできるかという段階でしょう。このため、英単語や長文、リスニングに関しては難易度を上げて勉強していくことをおすすめします。この段階になってくれば英作文の勉強を始めて、より理解力を高めていくのもおすすめです。

【大学受験リスニング】勉強法やおすすめ参考書をご紹介

英単語の勉強法

偏差値60以上にもなると、難関私大レベルで、入試ではあまり出てこない単語を覚えられるかどうかという段階になっているかもしれません。もし一語一義の形で英単語を覚えてきた方は、一語多義の覚え方で改めて英単語の知識をアップデートし、英単語に関する知識をより丁寧なものにするのもおすすめです。

英単語のおすすめ参考書

「システム英単語」は一語多義の精神で作られた英単語帳です。一語一義の「英単語ターゲット1900」と異なり、多義語が多く紹介されているのが特徴です。より深く英単語を知り、英単語を体系的に習得することを考えた際に欠かせない1冊です。

英語長文の勉強法

偏差値50台では単語や文法の知識にムラが出やすく、英語長文にもそのムラが反映される可能性がありますが、60以上になるとそのムラが出にくいです。ただ偏差値60以上の大学の入試問題では配点の大部分を長文読解が占めます。よりムラを出にくくさせて、完璧を目指すことは難関大学合格に向けて大変重要です。とにかくアウトプット用教材でとことん解いて、完璧になるまで解き直しを行うのが一番の勉強法です。

英語長文のおすすめ参考書

「やっておきたい英語長文700」は、記述式が設問に多く、考える力をつけることができるアウトプット用の参考書です。やっておきたい英語長文シリーズは4段階ありますが、700は上から2番目、偏差値60以上が対象です。これを完璧にすると早慶レベルに達するとされます。長文ごとに要約がついているため、要約問題を苦手とする人はかなり参考になるでしょう。

リスニングの勉強法

偏差値60以上で、しかも共通テストぐらいでしかリスニングのテストを受けない人にとってできるだけ満点を目指す勉強をしていきましょう。共通テストでは英検同様、英文は1回しか流れません。しかも、後半に長めの英文が登場するため、注意力と集中力を保ちつつ、後半でバテない体力が問われます。リスニングを勉強する際は、長い英文が収録されたリスニング教材を使い、シャドーイングやディクテーションをこなせると格段にリスニングが高まります。

リスニングのおすすめ参考書

「イチから鍛える英語リスニング」は、問題の種類が豊富で長い文章も収録されているなどバリエーションに富んだリスニング用教材です。赤シートで隠すと消えるようになっており、ディクテーションのしやすさも特徴的。15日で1周できる仕様もわかりやすい一方、難しい単語も出てくるため、意外と手ごわいです。入門編と必修編があり、必修編で着実にリスニング力を高めていきましょう。

英作文の勉強法

英作文は、語彙力を増やすことや表現を覚えることが大切で、様々な文法書、構文、英単語帳の例文などを暗記して表現を覚えていくのが1つの勉強法になります。ただ難しい単語を覚えていなくても、使い慣れた単語を駆使してわかりやすい英作文を作ることができるため、1つの英単語で複数の意味を持つものを丁寧に覚えていくのも対策の1つです。

英作文のおすすめ参考書

「英作文基本300選」は、英作文で使える例文が300通り収録されている参考書です。ことわざのように日本語のニュアンスを英語で表現するのが難しいケースでも、それらが掲載されているのでまずは丸暗記して、すぐに出せる状態にします。300の例文を完璧に覚えることで英作文への対応ができます。CDも付いており、スキマ時間で覚えられるのもこの本のいいところです。

【高校英語の勉強法】おすすめの参考書も解説

大学受験英語を攻略する上で大事なこと

大学受験を目指すために絶対に避けては通れない英語。これを攻略するためには大事なことがいくつか存在します。

基礎を100%固めておく

英語における基礎で最も比重を占めるのが、単語と文法、構文の知識です。長文読解や英文解釈、リスニング、英作文はこれらの知識がなければ点数の取りようがありません。基礎を100%固めるというのは少なくとも基礎英単語は完全マスターすることを意味し、あとは志望校の偏差値に応じて、求められるレベルまで習得を目指すのが基礎固めです。

基礎を100%固めるために中学英語からやり直すことも考えなければなりません。プライドが許さない人もいるでしょうが、できるかできないかの事実を、辛くても見つめてイチからやり直す姿勢が問われます。

自分に合った勉強法を見つける

英語の勉強法に関するサイトがネット上に星の数ほど存在します。大手予備校や塾だけでなく個人も英語の勉強法を紹介していますが、微妙に違いがあったり、気合と根性で英語はできると言いたげな個人のサイトも存在します。とはいえ、今日から「毎日英単語を100語覚えろ!」と言われても、英語が苦手な人からすれば苦痛でしかありません。

必ず「自分に合った勉強法」が存在します。先ほどの「毎日英単語を100語覚えろ!」もそれを愚直に実践して英語が得意になった人もいるから、そのような主張が出てきます。一方、効率的、合理的な手法で英語ができるようになった人もいます。「自分に合った勉強法」を見つけて、試しながらアレンジするのがおすすめです。自分にとって効率的に思えるやり方で苦手克服、得点の確保を目指しましょう。

国語力を高める

長文読解で苦戦をする人は、現代文を苦手にしている可能性が高いです。英語の長文読解の読解レベルが、現代文の読解レベルを越えることはまずありません。日本語で書かれていて理解できないものが、英語なら理解できるはずがないからです。そのため、長文読解で苦戦する人は現代文対策を施して読解力を上げるのがおすすめです。

裏を返せば、現代文が得意な人は英語の潜在能力が高い可能性も秘めています。国語が得意で英語を苦手とする人は、単語と文法を徹底的に覚えて長文読解に挑めば思わぬ好成績を残すかもしれません。

大学受験対策でやってはいけない間違った英語勉強法

ガムシャラにやっている人が大半の大学受験英語。しかし、ガムシャラにやりすぎて少々無駄になってしまっている英語勉強法もあるのでご紹介します。

ひたすら単語を暗記する

日常会話では一切出てこないものの、学者同士の話し合いでしか出てこない日本語は数多く存在します。英単語を全て網羅しようとすると、外国人同士でも使わないような英単語が含まれ、それを覚えることになります。受験でもわずかに出てくるため、シス単やターゲットにも掲載されているものの、ほとんど入試に出てこない英単語も存在します。

基礎英単語はもちろん、入試で出やすい単語を覚えて効率よく暗記することが大事です。もし長文読解の問題で、分からない単語が出てくればそこで覚えればいいのです。特に英語を苦手とする人は、まずは基礎英単語の徹底習得を目指しましょう。

語彙力がない状態で長文に挑む

長文読解で苦戦する人の中には、何を書いているのかチンプンカンプンな人がいるはずです。この場合、英語の語彙力が欠けている恐れが極めて高いです。実は、単語さえ分かってれば、何を書いているか、どのような話かはすぐに分かります。文法が必要なのは英文解釈や和訳をするためで、語彙力があれば長文読解はこなせます。ですので、語彙力がない状態で長文に挑むのはただただ苦手意識を作り出すだけなのです。

長文読解の問題集には中学レベルから始められるものもあります。そして、中学レベルの英単語を学習する参考書もあります。これを両立し、少し単語を覚えたから長文読解をやってみようと挑んで、壁に跳ね返されたら、また単語を覚えて再び同じ問題に挑むというのをやっていくと、語彙力の大切さがわかるはずです。

1つの分野で何冊もの参考書を手にする

英文法の参考書で最も有名で、学校の副教材にも使われているのが「Evergreen」です。600ページ以上もあり、これさえあれば英文法の参考書は必要ないでしょう。中学英語からやり直したい場合に「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」というような参考書も必要ですが、基本的に1つの分野で1冊がおすすめです。

シリーズ化されている参考書であれば同じシリーズの中で難易度を上げていくのが効率的です。形式が同じであれば解き方やルーティンも変えずに済みます。ゴロで覚えようとしてゴロが書かれた英単語帳を買ってみたり、「これだけ覚えれば共通テストは乗り切れる!」という省エネ系の英単語帳を買ってみたりして、結果的に長続きしないケースもあります。まずは1冊をやり切る、それを何周も解き直す、これだけで英語の成績は上がるはずです。

まとめ

大学受験の英語は多くの人が苦しみ、苦戦します。英単語や文法、長文読解などやることが多く、しかも、他の科目も勉強しないといけないので苦しく感じる人もいるでしょう。しかし、語彙力を高めれば長文読解や英文解釈も理解しやすくなり、英語のCDを注意深く聞いて音読や書き取りを続けていればリスニング力も段々と上がります。正しい努力をコツコツとしていれば成果は出ます。人によって成果が出るのに時間はかかるかもしれませんが、その努力は無駄になりません。

【高校生におすすめの勉強法】教科ごとの勉強法や効率を上げるコツも解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

選ばれる理由
定員制、逆転特化
FAST-UP逆転塾とは

K.T君

3865

偏差値27up

偏差値38から
青学3学部に逆転合格

高2の頃、焦りから独学で勉強を始めましたが、何をやってよいかさっぱりわかりませんでした。FAST-UP逆転塾では、1日単位の効率的なカリキュラムを作ってくれたので、迷うことなく合格まで進むことができました。僕の人生を変えてくれたFAST-UP逆転塾に感謝しかありません。

Y.M君

3664

偏差値28up

偏差値36から
明治大学に逆転合格

受験勉強を開始し右も左もわからない状態の時にFAST-UPに出会いました。FAST-UPでは、毎日自分に最適なTodoが提示されたため、一切迷うことなく合格まで突き進めたと思います。自分の勉強法に不安がある人や、やるべきことがいまいちわからない人にはとてもおすすめの塾だと思います。

H.I君

5167

偏差値28up

志望校を上げて
早稲田に逆転合格

高3の春に、MARCH志望でFAST-UPに入塾したのですが、入塾から2ヵ月ほどで予想以上に偏差値が上がったため、第一志望を早稲田に変更しました。そこからの学習で驚いたのは、個別講義にて早稲田特化の授業をしてくださったことです。これにより、常に早稲田の傾向やレベルを意識しながら学習に取り組むことができました。FAST-UPのメソッドで学習すれば、志望校を上げることも可能だと思います。

まずは無料相談